年齢を重ねるにつれて大事になってくるヘアの質感✂

数年ぶりに一人でお仕事をされている人のサロンへいってきました。

海が好きだと思われる内装のサロンは青と白

この方が違う美容室にいるときに髪を切ってもらったのが始まり。

少し遠いのでここ数年は違うところで切っていたのですがワクチンを打ったので久しぶりに訪問してみました。

年と共に髪質は変わる。

出産で髪質はかわるよ?と言われたけど私には変化はなかったのですが、50歳になったあたりで更年期と共に髪が急にパサついてしまいました。うねるしパサつくので整髪料を買ったりホホバオイルを購入したりしていました。でもパサパサ感は減らず、ぼさぼさした印象に!

服がとかメイクがとかいうそれ以前の問題、それは髪。

特にこうでなくてはいけないというルールはないのですが、一つあるとしたら「清潔感」

昨年からあれこれ試してどうにもならなかったので彼女のサロンへ行ってみました。

髪が今よりもマシになればいいなぁと言う気持ちもありましたが、元気にしているかなぁ?という気持ちの方がおおきかったかもしれません。

LINEを交換していたので、髪のお悩みはLINEで書いておきました。

さて当日、予約のパーマからカット&白髪染めとなる

席につくとどこ美容院でもそうだと思いますがいわゆる「本日のメニュー」はどうするのかという話になりました。

先行してLINEでお話しておいたので現状の髪をみながら相談に乗ってくれました。ちなみに彼女は私よりも約20歳も若い。このうねりとパサパサ感をどういう風にするのか楽しみでもありました。

私の悩みのうねりを解消するために矯正をオススメしてくれましたが、後頭部のうねりを生かした「ふわっ」としてスタイルにも憧れるというと

カットで対応してくれることになりました。パーマをしなくてもよくなったので白髪染めをお願いすることにもしました。

白髪染めは自分でしているのです。生え際に増えてきた白髪を市販の白髪染めで変身させているのですが、生え際のみって難しくてほぼ全体を染めてしまっているので一度サロンで染めてもらいたいと思っていましたが、只今節約、いや支出最適化の最中なので「まだいいかなぁ」と髪は自分で染めていたのです。

ショートにきってもらった後頭部はふわっとしたお願いしたスタイル。

そして白髪染めはいままでよりも少し明るい色合いにしてもらいました。

何故って・・・今までがほぼ黒いので。これには訳がある。

白髪染めに迷走していたので、いろいろな市販のものを使っていましたが最近はトリートメントタイプのものを使用していたのでバラバラの市販薬+トリートメントで重い色合いが完成されたようです。

この点を美容師さんはいろいろ考えていたようですが、なにぶん蓄積されたいろいろなものがあるので今回はほんの少し明るい黒で染めてくれていました。

髪が伸びて重ねて染めてしまっていたところを切ればよい感じになる予定です。

久々のサロンの感想はというと

加齢による髪質の低下には信頼できる美容師さんに相談すべし!

ぱさぱさ感はなくなり気持ちが明るくなりました。手で触った感触も違うのですが一番は見た目。

すっきりとして清潔感が出たように思います。

来月もここでお願いしようと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代になり子育ても終了までカウントダウン。自分の時間が使えるようになったのでいろいろと挑戦していきたいと思っています。趣味の読書・映画・勉強・PC ・ドライブを中心のブログです。そして子供の顎変形症の治療の記録も書いていきます。悩んでいる人の参考になればと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる