1年遅れの20歳のプレゼント

娘の大学にちょっと用事があったので出かけてきました。

久しぶりの遠出となったのですが、駅から遠かった!

そしてそんなに田舎ではないのに大学内は緑豊か

楽しくなって用事が終わったあとにふらふらと歩いていたら、蚊の大群に襲われました。

帰り道にドラッグストアに寄って虫刺されの薬を購入。人気のない場所を選んでムヒを塗り続ける私。

足が真っ赤で恥ずかしかったです。

なんだかお腹もすいてきたしちょっとお買い物をしようとデパートに行くことにしました。

以前から二十歳のプレゼントをしたかったのできらきらの店内へ

コスメはいまだビニールで覆われていて今がコロナ禍であることを思い出させるけれど、いつきてもこのキラキラ感は楽しい。

最近おしゃれになってきた娘に記念になるものってなんだろう?

考えた末、ダイヤモンドのネックレスを贈ろうと思っていた。ちまみに私も20歳の時に金の指輪を買っている。そしてそれは今も大事にしています。

ダイヤなら着る服の色を選ばず品のいいサイズ(小さいってことね☆日本語は表現が沢山っていいですよね!)なら大学生の今も、もっと大人になってからも使ってくれるのではないだろうか。

ということで娘をさそってジュエリー売り場へGO!

私はなぜか金が好きなので金のネックレスをちらっと薦めたら即却下!この段階で購入予定なしと彼女は思っているので、いろんな金製品をオススメしては却下されるという謎のループ。

店員さんは誕生石を持ってきてくれたりしたのですが、それはまた今度のお楽しみ。

店内を楽しく見て回っていると「これは?」と目にとまるものがあった。色も輝きも大きさも丁度いいのだ。

定員さんに確認するとグレードもカットも良いモノだった。

そこで初めて「今日は20歳のプレゼントを買おうと思っているの」と告げるとまるで猫が驚いたような顔になり、その後顔が白くなり挙動が不審になった娘。顔が白くなるって・・いったいどうゆうこと??

なにもそんなに驚かなくても・・まぁいつもは節約だ!電気はこまめに消してねとか無駄使い反対運動を繰り広げている母からのまさかの言葉に唖然としたのだと思います。

早速、そのシンプルなネックレスをショーケースから出してもらって見せてもらいました。

シンプルでジーンズに白シャツでもワンピースでもスーツでもつけることができそう。

ふと横をみると今の石よりほんの少し大きいものもあった。今はとても小さくてもいいけど30代になるころにはもう少し大きいほうがいいかなぁとそちらも試着。試着でいいのかしら?

結果ちょっとだけ大きいほうを購入することになりました。

娘は猫のような目から普通の目に戻っていたものの購入後に手渡された紙袋を胸に抱きかかえながら帰宅しました。

そして何度も「ありがとう!」と言われてなんとなく照れてしまった。

いつも思うのですが、プレゼントってきっと贈ったほうが嬉しいと思う。もちろん喜んでくれればですが。

これからどんな人生を歩むのかなぁと思いながら良い時もそうでない時もダイヤモンドのように固く強い心と光がいつまでも彼女にありますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代になり子育ても終了までカウントダウン。自分の時間が使えるようになったのでいろいろと挑戦していきたいと思っています。趣味の読書・映画・勉強・PC ・ドライブを中心のブログです。そして子供の顎変形症の治療の記録も書いていきます。悩んでいる人の参考になればと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる