ふと目が覚めて22年前のことを思い出す。

明け方お弁当を作らなくてはと思いつつ、もう少し寝ていたいとお布団の中で思っていたら急に22年前のことを思い出した。

夜泣きの激しい長女にへとへとになっていた頃である。

母となったもののあの頃は苦しかった。よくお昼寝をさせると寝ないとかいいますが、そうともいいきれない。

娘は本当に寝ない子だったので一日8時間くらいしか寝なかった。

8時間と言えば大人の睡眠時間くらいですが、これを朝2時間お昼寝3時間、夜3時間という感じで寝るのである。

そして夜は暗いのがダメなのか寝なくてもベビーベッドに寝かせておくと物凄い勢いで泣くのだ。

ご近所迷惑にならないように抱っこをして寝かせてベビーベッドに腕からおろすとまたすぐに泣くというと感じで朝になった。

これが0歳からなんと4歳まで続いたので私は本当にへとへとだった。

市の育児相談などにも相談したけど「いつかちゃんと寝るようになる」ということを言われてお終い。

子育て1年生の私はふらふらになりながら育児をしていた思い出があります。

幼稚園にいけばなんとか寝るようになるのではないだろうか?と思い3歳から幼稚園にいくものの4歳の誕生日を迎えても夜泣きは終わらなかった。

もう4歳と言えば赤ちゃんではない。

幼児なのに?と思いながら不安な育児をしていました。このころ我が家には次女が生まれていて、この子はよく寝る子だった。

私が育児書を沢山読んでいるのはこの「寝ない我が子」に不安を抱いていたからです。

しかし当時の育児書(今のは読んでないので)に正解は載っていなかった。

そして長女は突如、寝るようになった。

あれ?昨日は夜起こされなかったなぁと思っていたら次の日も、次の日もぐっすり寝るようになった。

子供の成長は育児書には載っていないことが沢山ありますね。

当時は藁にもすがる思いで読んでいましたが、今となっては寝ないなら寝ないでいいやと思ってのんびり過ごすことが出来ればよかった。

そんな長女は今はお休みの日になると赤ちゃんのころの睡眠時間を取り戻すかのように寝ています。12時間寝てお昼ご飯を食べてまた寝るみたいな感じです。これにもちょっと呆れるけれど、健康ならいいのだ。

さて、そろそろ起きてお弁当を作ろうと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代になり子育ても終了までカウントダウン。自分の時間が使えるようになったのでいろいろと挑戦していきたいと思っています。趣味の読書・映画・勉強・PC ・ドライブを中心のブログです。そして子供の顎変形症の治療の記録も書いていきます。悩んでいる人の参考になればと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる