長寿社会だからこそ、最強の遊びは勉強なのかもしれない

50の手習いとはよく言ったもので、私も時間ができ勉強をするようになりましたが、ここでふと思うのです。

勉強は最強の遊びなのではないだろうか?

私の使っている参考書は3,000円くらい。この中に知らない世界が詰まっていて読んでいてもさっぱりわからないと思いながら進んでいくと呪文のような文字が理解できるようになる。理解できる頃にはわからなかった時の気持ちをあまり思い出さなくなっていくことも自分をみていて興味深い。

子供の頃のように教室や仲間があっての勉強でないのが残念と言えば残念

だってすぐに疑問を教えてくれる人がいる、一緒に勉強をしてくれる人がいるのって幸せなことだと思うのです。

しかし一人の良い点はいくら時間がかかっても誰にも迷惑をかけないということ。

今日は疲れたから早く寝ようとも宿題があるわけでもないので、こつこつと続けていければそれでOKなのです。

勉強をしている時間は不安な気持ちから束の間の時間逃避できることもいいです。

コロナ禍でこの先どうなるんだろうと毎朝思っていたのですが、、まぁ今も思っていますが束の間でも現実のあれこれを忘れていられるのは幸せだったりします。

少し前、急に不安になったのは自分の老いに気が付いて将来のこと、もし高齢になったときに一人で生活するようになったときに健康でいられるのか?などなどが岩のように頭にこびりつきとても暗くなっていました。

先のことを考えても仕方がないと思いますが、人間は考える生き物なのです。

気分転換に旅行にいくことも、そもそも近くにいくことも、友達と会うことも出来ない時に本を読んでも活字を目で追うだけになっていき不安感の大きさを痛切に感じました。

なにかしようと思ってもなにもできない時期だったのでExcelをもっと自由に使えるようになろうと思って参考書を購入したらWordの本を買ってしまい、まぁWordも印刷の時に変な印刷になるし勉強しておいてもいいだろうと思いスタートしました。思った以上にあれこれ勉強できて今では頭のなかのイメージどうりに書類を作れるのがとてもいい!

たぶんこの年で新しいことを初めてもそれが何かにつながることは少ないでしょ?と言われる方もいるかもしれません。

そうかもしれない。

そうでないかもしれない。

最近自分がこの世界からお暇するとき「楽しかった!」と思えればすべて良しなのではないかと思うようになってきたので誰がなにを言おうとまわりに迷惑をかけず楽しいことに邁進しようと思います。

自分の人生は自分で楽しくしないとね。

特に長寿の日本で生活している私の遊びとしてこの先スキーはできない時がくるかもしれないけれど、勉強はいつでもどこでも出来る最強の遊びなのかもしれません。

今はMOSの勉強をしているけれど目標を達成できたら次はなにをしようかなぁ?とはいえ・・今関数で悩み中です(笑)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代になり子育ても終了までカウントダウン。自分の時間が使えるようになったのでいろいろと挑戦していきたいと思っています。趣味の読書・映画・勉強・PC ・ドライブを中心のブログです。そして子供の顎変形症の治療の記録も書いていきます。悩んでいる人の参考になればと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる