美容院迷子からの脱出

美容室

オーナーでスタイリスト。お一人で営業されているヘアサロンに通っている。

スタイリストがお一人しかいないのでお客さんも私一人だ。

多分予約時間は余裕をもって設定されている。そう思われるのは、行きも帰りもお客さんに会うことがないため。

予約は早くしないとすぐに埋まってしまうため、お会計のときに次の予約を入れて帰る。

美容室てなかなか好きなところに定着するのが難しい。

結婚前に通っていた美容院が遠くなったために住まいの近くで探していたけれど10数年美容室ジプシーだった。この状況をわかってくれる人はいるかな?

大手の美容室に通っていたときは「今はこういう髪型が流行っていて」と自分がしたい髪型というより美容師さんがしたい髪型を押し続けられて技術力はあるけど、自分のしたいスタイル、カラーにしてもらのにかなりの説得をしていたように思います。カットが上手だったのに「普通のボブにしてほしい」と言っても「この長い髪を切るなんてもったいない」「毛先に動きを出すようにしたらとても素敵です」などと「今日はどうしますか?」から決定までが長くて、最後にはなんでお金を払って自分のしたいスタイルにできないのかと行くことをやめてしまった。あのときの若い男性スタイリスト君はいまも今どきのスタイルを推しているのだろうか?

その後は長い美容室滞在時間中に不在店長の悪口を同僚と話続ける美容室。爪が長くて耳横の髪の毛をかきあげられるときに頬に傷をつけれたにも関わらず「あ〜すみません」といいながら最後まで何度も引っかかれた美容室。「パーマの時間を間違えてしまって」とオーダーではふんわりしたイメージがドライヤー不要でいけるかも?パンチってもう少し時間を長くすればいいのかも?と思った美容室。ふらっと入って「常連さん以外は5年くらいぶり」と椅子に座ってから言われて石のように固まったこともありました。

もっとあるけど、この辺にしておこう。なんとなく言い返せなかった自分が思い出されて悲しい気持ちになってきました。。

今の美容室のオーナーさんはとても研究熱心。

ショートヘアの私が私が石田ゆり子さんみたいな髪型にしてほしいと言えば、毛先をコントロールしながら徐々に近づけてくれている。しらっと”石田ゆり子さんみないな”と言ってもしっかり聞いてくれるので、なんでも言えそうな気持ちになってます。彼女だったらなんでも言えそうな気すらする。

そして美容室から帰ったあとのブローの仕方、トリートメントの仕方もちゃんと教えておいてくれるのが助かる。次回予約の1カ月後にはこうなっているだろうというのもちゃんと計算されているのもありがたい。「襟足が伸びてきているのではねるかもしれませんが、その時は・・・」というふうにブローしながらレクチャーしてくれる。

Tシャツにジーンズに無造作になびかせた髪がかっこいいと見える年齢から寝起きなのか?と疑われる年齢になった今、髪と肌と爪は綺麗にしておかないといけなくなりました。

美魔女にならなくても一緒にいる人、友人、仕事で会う人に不快感を与えるようなスタイルはいけないのだと思う。そして自分にもよくない。ちゃんとしていないと気持ちが上がらなくなってきているような気がします。

噂によるとスペインのおばあ様方はお年を召すと綺麗な色の洋服を着るそう。いいなぁ。。

そこまでは出来なくてもせめて出来ることをしていこうと思います。今回は髪の色を少し明るくしてみました。以前は鴉のような黒髪と言われて複雑な心境だったこともありますが、自分の黒髪が好きでそのままの色にしていましたが、赤味を抑えたほんの少し明るい色にしてもらいました。

美容室の外までお見送りしてくださるオーナーさんに挨拶をして帰る私の足はウキウキ。

美容室迷子からは脱出できた。このオーナーさんとずっとご縁が続きますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代になり子育ても終了までカウントダウン。自分の時間が使えるようになったのでいろいろと挑戦していきたいと思っています。趣味の読書・映画・勉強・PC ・ドライブを中心のブログです。そして子供の顎変形症の治療の記録も書いていきます。悩んでいる人の参考になればと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる