余裕だと思っていたファイザー接種後の話

1回目、2回目はモデルナだったので熱も高く腫れも大きかった。

同時期にファイザーを受けていた人たちは熱は出たけど7度台だったとか、寝込むほどではなかったという話を聞いていたので余裕だわ~と思っていたのですが、実際はというとひどかった。

熱が出たり引いたりを繰り返しモデルナでも感じなかった「吐き気」がひどかった。

接種した日は普段通りに就寝。翌日もなんとなく「だるい」ということ「37度」の熱はありましたが生活への影響はなく洗濯もできるしなんでも出来そうな気持ちでいましたが、接種後24時間が経ち急に「高熱」「吐き気」「悪寒」「頭痛」がやってきました。

接種後にもらった「現れる症状」には当日には上の症状が全部載っていましたが2日後からの症状には載っていない「吐き気」が一番大変だった。

なんとなくいつでも気持ち悪いのである。

仕方なく午後から横になって過ごすものの夕方からこれはまずいのではないかという感じになってきた。

ここで自分でもおかしいなぁと思うのが今のうちに食べておこうというものだった。

吐き気があるので、その谷間を見計らって夕飯をいただく。パートナーが焼いた鮭を黙々とたべて頭痛薬を飲み歯を磨いて寝ました。深夜熱は39度まで上がりましたが、たまに起きてはポカリを飲んでまた寝るの繰り返し。

明日には良くなっているであろうと思っていたのに本番はここからだった。

翌日は起きるのがしんどかった。

仕方なく一日休養することにする。

この2日目はもう何もする気も起きず枕元に積んである本を一回読もうと手にとったものの一文字も読めずに断念。

前のモデルナの時には本は読めたので、これは気持ち悪さがあるからなのかな?と思いました。

結局3日目の本日になってやっと普通の生活に戻っています。しかしいまだ気持ち悪い波が時々襲ってくるので様子を見ながらの生活です。

3回目のワクチン接種は受けない方もいらっしゃるそう。健康な体でワクチンを受けに行って辛い思いをすると二の足を踏みたくなるのは理解。

しかしこの辛さの何倍もの辛さの感染となるなら予防接種は必要なのかもしれません。

自己判断という言葉になりますが、私は受けてよかったと思います。

明日は完全復活になるといいなぁ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代になり子育ても終了までカウントダウン。自分の時間が使えるようになったのでいろいろと挑戦していきたいと思っています。趣味の読書・映画・勉強・PC ・ドライブを中心のブログです。そして子供の顎変形症の治療の記録も書いていきます。悩んでいる人の参考になればと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる