「約束の猫」村山早紀+げみ

本

図書館でふと目についた本。

表紙が圧倒的に美しい

スポンサーリンク
目次

この本の大まかなあらすじ

表示どうりの猫にまつわる4編の物語

七日間のスノウ五千年ぶんの夜春の約束約束の猫の4編が収録されている。

七日間のスノウを読んで思いがけずに泣いてしまった。泣いた自分にも驚いたけど、それだけこの短編のもつ力は強いのかもしれません。物語は大作でなくてもこの数ページですとんと心に入る物語がある。そんなお話です。

あと4話目の約束の猫もとてもよかった。

他の話がよくないというものではなく、この中ではどれがよかったということです。

思いがけずと書きましたが、この表紙でなかったら借りてこなかったかもしれないので、そこも思いがけずです。

「げみ」さんてご存じですか?

皆さんはご存じなのでしょうか?私は知らなかったのですが、この本の表紙は「げみ」さんというイラストレーターさんの絵でした。

懐かしいような絵だなぁと、本の中のイラストをみていて

あれ??ってなんか見たことがあるかもしれない・・

ええっと?と考え込むこと数分。もしかしたら、宮部みゆきさんの「小暮写真館」の人なのではないだろうか??

気になりすぎて「げみ」さんを検索。検索ワード1位に出てきたのは、げみさんの個展のお知らせのツイッターでした。げみさんて名前ってインパクトあるけど他のヒットがないので、そのまま下にスクロールするとgamiさんのオフィシャルサイトもありました。

クリックしてみて唖然。

有名な方だったみたい。

ものすごい数の作品があった。その中に記憶にあった宮部みゆきさんの作品もあった。やはりその方だった。ツイッターに個展のお知らせがあったのでいってみたい。この期間までにワクチンの接種が出来れば電車に乗って行ってみたい。

げみ個展(7月2日から11日まで)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代になり子育ても終了までカウントダウン。自分の時間が使えるようになったのでいろいろと挑戦していきたいと思っています。趣味の読書・映画・勉強・PC ・ドライブを中心のブログです。そして子供の顎変形症の治療の記録も書いていきます。悩んでいる人の参考になればと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる