次女の涙・宅急便を出してまたもや涙

次女が黒い通信販売の箱から何やら取り出した。(ご存じの方も多いとおもいますが、若い子向けのネットショッピングです)

一瞬目を疑うほどの踵の高さを持つ靴であった。10センチはゆうにある。

この先を書く前に、前もって書いておくことがある。

次女は小学生時、下校時に長靴で歩いていて転び顔面を強打。鼻の頭をはじめ顔面の皮をずるっとむける大けがで顔にガーゼを貼りながら数カ月の治療。そしてトイレの床とドアの間にどういうわけか足を挟み悶絶、公園にいけばすぐに走り出すので、私は常にジーンズにリュック、スニーカーという姿で走り出す娘のあとを追いかけていた時期よりそれは変わらず、走らないでって言い終わらないうちから走り、吉野ケ里遺跡では後頭部を強打・・・。心配が絶えません。

最近ではとある駅のホームの階段から落ち、下にいた子供がものすごい光景に泣きそうになったりするおっちょこちょいな人である。

その次女が、かかとの高さ10センチはある靴を購入

キラキラした目で私に「この靴いいでしょう??」「かわいいでしょう??」と話してくる。

いいとも、かわいいとも思わなかった50代の私ではありますが、気持ちはわかる。

つい2年前までは高校生でローファーを履いていた。そして田舎なのでそんなに高いヒールをはく高校生はいなかったのだ。

大学生になりバイトをして好きなものを買えるようになった彼女は少しずつバックや洋服を買いそろえている。

その中で今回の靴は・・

「それはだめでしょう?」

普段なにもいわない私がそういうと、真剣な眼差しでこちらをみる。

「この前の階段から落ちた時にそれを履いていたとしたら大けがだよね、骨折はしてると思うな」

一緒にかわいいといってくれると思っていたのにという目でこちらを見てくるが、これはケガの予感しかないので反対意見をいってさっさとその場からいなくなった。長引くと面倒なことになりそうだったので。

その後顔を見ると泣いていた・・・

びっくりしたけど、仕方がない。その靴で駅の階段は無理だろう。

数日が経ち

そして本日返品しにいってくると郵便局まで箱を抱えて向かった。

帰ってきたら鼻がトナカイのように赤かった。

え??まだ私に反対されたことがショックなのかしら?と驚いてみていると

「宅急便代が910円だった・・がんばってバイトしているのにほぼ1時間の時給分だった・・・(涙)」

送料がこんなに高いと知らなかったようで、鼻を赤くして怒ったような表情で泣いている。

郵便局は切手でも送料の支払いができるので行く前に切手を渡してあった。

それを使わなかったの?と聞くと「910円です」と言われてびっくりして忘れて現金で支払ったらしい。

ちなみに我が家の切手は年賀状の書き損じのものを切手に変えてもらっています。

その後、勉強するのかと思いきや

洗面所で顔を洗い(メイクしたまま)ポップコーンを大皿に入れて食べ始め、コーヒー牛乳を並々と注いで飲んでいました。

鼻が赤くなくなったころ聞いてみた。

「だいじょうぶ??」

すると

「だいじょうぶだけど、あんなに宅急便が高いなんておかしくない?服を買う時も(ネットで)そんなに送料がかからないから高くても500円くらいだと思っていたのに」

とのこと

まぁそう思うかもしれないけど

「あれは店舗側が一部送料を負担してくれたりしているので、本当の送料は違うと思うな」と話しておきました。

知っていると思っていたのに、こんなにショックをうけるとは。

そして一番聞きたかったことをついでに聞いてみた。

「なんか帰ってきたときに顔が赤かったけどそれはいつから?」

少し苦笑いをしながら

「郵便局をでたときは大丈夫だったけど、すぐに泣きそうになったので頑張って帰ってきた」

・・・・・

言い方に笑いがこみあげてきて「ごめん!帰ってきたときは赤鼻のトナカイみたいだったよ~」と言うと

「だってなんか悔しくて・・・こんなに返品の送料を払うんだったら無理して履けばよかったとか、なんでこんなに送料高かったのかとか考えていたら泣きそうになったんだよ~」

と、しばし二人で笑ってしまった。

910円は少しかわいそうなので私が負担することにしました。

あまり高さがある靴を履かないで元気に転ばず、事故にあわずにいてほしいので。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代になり子育ても終了までカウントダウン。自分の時間が使えるようになったのでいろいろと挑戦していきたいと思っています。趣味の読書・映画・勉強・PC ・ドライブを中心のブログです。そして子供の顎変形症の治療の記録も書いていきます。悩んでいる人の参考になればと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる