モデルナアームが今頃あらわれた!

絶好調とはいえない今週。

あついからだと思っていたけど昨晩なにやら腕が痒い。

何気なく掻いてしまった。

ふと腕をみると地図のように赤く腫れあがっている腕。

ぎょっとして二度見をしてしまいましたが、モデルナアームと言われるものが腕にあった。

接種から1週間以上経ち、いまごろ??と検索してみると

接種直後ではなく数日、数週間後に現れる人もいるそうです。

万が一、なにかあって医療機関にかかる場合に言葉よりも写真のほうが正確に伝えることができるのではないかと腕の写真を記録しておくことにしました。

いろいろな角度から数枚の写真を撮りフォルダーに「モデルナアーム」と名前を付けて日時まで記入する念のいれよう。こんなことができるのだから病院へいかなくても大丈夫だよね。

そんなことを思いながら自分の腕の写真を眺めていたら、誰かに見せたくなってきた。

そうはいってもこんな腫れた腕の写真を見てくれるひとなんているのだろうか??

そうだ!わらって許してくれる存在、それは母。

早速LINEで写真を送信してみた。

もちろんモデルナアームと書いておいた。

しかしその返信は「誰の足?」というもだった。。。。

アームって書いておいたのに??

しかも娘の二の腕である。

どこからどうみても腕であると思う。できればここにその写真を貼ってアンケートを取りたいくらいだけど、お見せすることに抵抗があるので(副作用ってことで)自粛しますが、たしかに腕である。

こんな足があるであろうか?テーブルの上に足を置いて撮影したりしないとも思うし。

私の返信の期待はというか、通常の反応は「だいじょうぶ?」だと信じてやまない。

だが母相手に通常などといっても始まらないので「腕だよ腕!」と普通に返信した。

その後しばらくしてからLINEの通知音がしたので、心配して返信くれたのかなぁ?とみてみると

「やっぱり腕にはみえない」というLINEでした。

母よ・・・そこじゃない。

心配してほしいとは言わないけど、モデルナアームが出ちゃった娘の腕を見て「腕にみえない」という感想はいかがなものか??

まぁ、、いいんですけど。

それにしても痒いなぁ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

50代になり子育ても終了までカウントダウン。自分の時間が使えるようになったのでいろいろと挑戦していきたいと思っています。趣味の読書・映画・勉強・PC ・ドライブを中心のブログです。そして子供の顎変形症の治療の記録も書いていきます。悩んでいる人の参考になればと思ってます。

コメント

コメントする

目次
閉じる